MENU

自然気胸とは?

 

気胸とは、肺に穴があき空気が漏れることで、空気が胸腔に溜まってしまう状態のことを言います。
肺に穴があく原因が明らかにある場合以外のものを「自然気胸」といいます。

 

 

自然気胸の原因

 

自然気胸の原因は、はっきりと分かっていないため医学的には特発性自然気胸と呼ばれています。
何らかの原因で、肺の一部表面にブラ・ブラフと呼ばれる空気の薄い袋ができます。

 

ブラ・ブラフは通常の肺と異なり、薄いため破れやすく穴があいてしまうのです。

 

Sponsored Link

 

 

自然気胸を発症しやすい人

 

自然気胸を発症しやすい人にはいくつかの特徴があります。

 

  • 10代〜30代
  • 男性
  • 喫煙者
  • 痩せ型
  • 背が高い

 

自然気胸は、青年期の男性が圧倒的に多く、身体的特徴として痩せ型で背が高い人での発症率が高くなっています。

 

 

自然気胸の症状

 

自然気胸は、突然肺に穴があくため、症状も突然おこります。
症状としては、胸の痛みや呼吸困難、咳などがあげられますが、無症状で胸部レントゲンを撮った際に発見されるということもしばしばあります。

 

肺に空気が溜まらずに漏れてしまうため、十分な息を吸うことができずに、顔や唇、手の指などが紫色になるチアノーゼもみられます。
穴があいた箇所から、大量に空気が漏れてしまった場合は、肺が心臓を圧迫するため、ショック状態に陥ってしまうこともあります。

 

Sponsored Link

 

 

自然気胸の治療

 

症状により「軽度気胸」「中等度気胸」「高度気胸」「緊張性気胸」と分類されており、重症度によって治療方針がことなります。

 

軽度気胸の場合は、1〜3週間で自然治癒することが多く治療の必要はありませんが、安静にしておく必要があります。
ただ、痛みや呼吸困難などの症状が強い場合は入院することも可能です。

 

中等度気胸、高度気胸の場合は、肺からの空気の漏れが大きいため、入院をして空気を排出する胸腔ドレナージが行われます。
しばらくの間、ドレーンバッグとよばれるバッグを、チューブを使って肺に連結させるため、常にドレーンバッグをつけている状態です。

 

安静にしておくことは重要ですが、歩行したり自力でトイレに行ったりなどは可能となっています。
「緊張性気胸」の場合は、肺から空気が漏れ続けており、肺が心臓を圧迫し命に関わる可能性があります。

 

そのため、早急な治療が必要となり胸に注射針を刺して、圧迫を解除させる処置が行われますが、自然気胸ではまれです。
いずれの場合も、自然気胸は再発率が高いため、再発回数が多い時は手術が必要になるケースもあります。

 

気胸に対する手術は、胸腔鏡下手術と開胸手術がありますが、近年は胸腔鏡下手術が行われるのが一般的です。

 

 

自然気胸に関する記事
  1. 自然気胸の再発率は?予防は出来る!?

 

 

Sponsored Link