MENU

心筋梗塞の症状とは?

 

心筋梗塞では、症状として突然の激しい胸の痛みが起こるのが特徴です。
他にも、心筋梗塞では以下のような症状がみられます。

 

  • 激しい胸の痛み
  • 呼吸困難
  • 激しい動悸、息切れ
  • 吐き気
  • 冷や汗
  • 首・肩から背中にかけての激しい痛み
  • みぞおちの痛み

 

心筋梗塞は、突然亡くなる原因にもなっており、心筋梗塞が原因で亡くなった人の約半数は発症してから1時間以内に亡くなっています。
心筋梗塞の症状が出た場合は、すぐに救急車を呼び早急な対応をとることが重要です。

 

Sponsored Link

 

 

心筋梗塞の前兆の症状とは?

 

心筋梗塞では、激しい胸の痛みが出るのが特徴ですが、心筋梗塞の前兆として胸とは関係のない場所に痛みや違和感がでることもあります。

 

  • のどのつかえ
  • 不整脈
  • 奥歯の痛み
  • 息切れ・息苦しさ
  • 首・肩から背中にかけての痛み
  • 体のだるさ
  • 吐き気
  • 疲れやすい
  • 胸のもやもや

 

心筋梗塞を発症した人の多くが、このような心筋梗塞の前兆があるといわれています。
胸が痛くならなくても、心臓の血管がつまっていることが原因で起こる症状です。

 

放置しておくと、完全に心臓の血管がふさがり心筋梗塞を起こしてしまうので、このような前兆がみられた場合も、すぐに病院で診察を受けることが大切です。

 

Sponsored Link

 

 

心筋梗塞による胸の痛みは15分以上!

 

心筋梗塞と似ている病気に狭心症があります。
どちらも、原因は動脈硬化による「冠動脈血管のつまり」です。

 

症状も似ていますが、決定的に違うのが胸の痛みの持続時間です。
狭心症の場合は、完全に血管が閉塞しているわけではないので、15分以内におさまるのが特徴です。

 

一方、心筋梗塞の場合は激しい胸の痛みが15分以上続きます。
狭心症でも、放置しておくと心筋梗塞になるので、痛みの持続時間にかかわらず、激しい胸の痛みが起こったら、すぐに病院に行きましょう。

 

狭心症の原因とは?検査や予防はどうする!?
狭心症の初期症状について!前兆や前触れも確認しよう!

 

 

心筋梗塞は1分でも早い措置が最重要!

 

心筋梗塞を起こして意識を失った場合でも、1分以内に心肺蘇生の対処を行えば、約97%は命を救うことができると言われています。
逆に、5分以上経過してしまうと、蘇生率は下がってしまいます。

 

たった数分の違いですが、心筋梗塞を起こしたら一刻も早い蘇生措置が必要なのです。
また、心臓カテーテルなどの治療を受ける場合も発症から6時間以内が理想であり、12時間以上たつと有用性が低くなると言われています。

 

心臓が痛くない場合でも、前兆の症状がみられた場合はすぐに病院で診察してもらい、心筋梗塞の早期発見に努めるようにしましょう。

 

 

心筋梗塞に関する記事
  1. 心筋梗塞の原因って?運動や食べ物で予防出来る!?
  2. 心筋梗塞はストレスやタバコも関係する!?

 

 

Sponsored Link