MENU

狭心症の初期症状とは?

 

狭心症は、心筋梗塞と似ていますが、発作的に症状が出るのが特徴です。
症状が持続せずに、痛みが治まるため、狭心症に気が付かずに過ごしてしまうこともあります。

 

狭心症は放置しておくと心筋梗塞に発展して命に関わることもあるので、早いうちに病院で診察・治療を受けることが大切です。
狭心症の初期症状では、下記のようなものがみられます。

 

  • 胸を締め付けるような痛み
  • 胸が詰まる
  • 胸の違和感
  • 胃が重い
  • 歯の痛み(歯が浮いたような感じ)
  • 左腕〜肩にかけての痛み

 

Sponsored Link

 

 

初期の段階では、痛みではなく胸の違和感として異変が出ることもあり、気がつきにくい場合もあります。
胸の痛みがある場合でも、持続時間は1〜3分と非常に短く、長くても15分以内には痛みが治まるのが特徴です。

 

狭心症は、症状によって「労作時狭心症」「安静時狭心症」に分類されます。

 

労作時狭心症の特徴

 

「労作時狭心症」は、動いている時に胸の痛みが出るのが特徴です。
安静にすると痛みがおさまります。

 

安静時狭心症の特徴

 

「安静時狭心症」は、安静にしている時に胸に痛みが出るのが特徴です。
そのため、寝ている時間の夜中〜朝方にかけて、症状(発作)が出ることが多くなっています。

 

また、労作時狭心症が進行すると、安静にしている時でも発作が起こるようになってきます。

 

 

これって前触れ?たまにおこる「胸の痛み」も狭心症の前兆?

 

狭心症は、痛みの持続時間が短く長くても15分以内におさまるのが特徴です。
そのため、原因や痛みの場所が特定できずに、そのまま放置してしまうこともめずらしくありません。

 

  • 階段をのぼった時
  • 急に動き出した時
  • 走った時
  • 興奮した時(怒る、イライラするなど)
  • 寒い場所にいる時
  • 夜中〜朝方にかけて痛みがある

 

このような状況下で、「胸が痛む」「胸がしめつけられる」「胸に違和感がある」という場合は、狭心症の前兆である可能性も隠されています。
同時に、胃や左腕、歯などに異変が出る場合も狭心症の前触れかもしれません。

 

これを「放散痛(ほうさんつう)」と呼んでいます。
痛みの場所がはっきりと分からずに、特定できないというのもひとつの特徴です。

 

同じような状況で同じ痛みが繰り返し現れる時は、早いうちに病院に行くようにしましょう。
胸の痛みが15分以上続く場合は、狭心症ではなく心筋梗塞の疑いが強いので、早急に病院に行くことが大切です。

 

 

狭心症に関する記事
  1. 狭心症の原因とは?検査や予防はどうする!?
  2. 狭心症の予防は食事も重要!?

 

 

Sponsored Link