MENU

胸膜炎とは?

 

胸膜とは、肺を覆っている膜のことです。
胸膜は、「臓側胸膜(ぞうそくきょうまく)」とよばれる肺表面を覆う膜と、「壁側胸膜(へきそくきょうまく)」呼ばれる横隔膜・胸壁・縦隔を覆う膜の2つから構成されています。

 

これらの胸膜に何らかの原因で、炎症が起こっている状態のことを胸膜炎とよびます。
胸膜炎の場合は、炎症が起こるだけではなくほとんどのケースで、臓側胸膜と側壁胸膜の間に水が浸み出し、胸水が溜まっている状態です。

 

Sponsored Link

 

 

胸膜炎の原因は?

 

胸膜炎の原因は、細菌感染や悪性腫瘍、膠原病などがあります。

 

・細菌感染が原因のものを「細菌性胸膜炎」
・悪性腫瘍(がん)が原因のものをがん「性胸膜炎」

 

と呼びます。

 

胸膜炎の原因となる主な細菌

 

胸膜炎の原因菌には、一般細菌、抗酸菌がありますが、特に多いのが抗酸菌である「結核菌」です。
結核を起こす細菌として有名ですが、肺の中に炎症を起こして胸膜炎の原因となります。

 

胸膜炎の原因となる主な悪性腫瘍(がん)

 

悪性腫瘍(がん)の中でも、胸膜炎を発症しやすいのが「肺がん」です。
がん細胞が肺の中で増殖し、胸膜にまで達するとがん細胞によって炎症が起きるのが原因です。

 

他にも、悪性胸膜中皮腫も原因となります。

 

胸膜炎の原因となる主な膠原病

 

「膠原病」は、何らかの原因によって全身に炎症が起こる疾患の総称です。
膠原病の中でも、全身性エリテマトーデス、関節リウマチが胸膜炎の原因となります。

 

 

胸膜炎の症状

 

胸膜炎の症状として、息切れや胸の痛み、発熱が起こるのが特徴です。
また、深呼吸など深い呼吸をすると痛みが強くなります。

 

風邪に似た症状のため、放置したのちに悪化するケースもあるので、早い段階で病院に相談することが大切です。
他にも、乾いた咳や持続する咳、痰がでる、体がだるい、背中が痛い、胸をおすと痛いという症状もみられます。

 

 

胸膜炎の治療はどうする!?

 

胸膜炎の治療は、原因によって異なります。
細菌性胸膜炎の場合は、細菌に対して有効な抗生物質が投与されます。

 

結核性胸膜炎の場合は、抗結核約が使われます。
膠原病が原因になっている場合は、膠原病の治療をすると同時に、ステロイド薬、免疫抑制剤を使った治療が行われます。

 

さらに、胸水が溜まっている場合は、胸水を排出するため、胸腔ドレナージを行うが一般的です。
肺炎になった後に、胸膜炎を合併することもあるので、胸の痛みなどの異変を感じたらすぐに病院に相談するようにしましょう。

 

 

胸膜炎に関する記事
  1. 胸膜炎と胸水の関係とは?がんの可能性も!?

 

 

Sponsored Link